てもとたって

「でも」や「だって」と言いたくなったら「ても」と「たって」に言い換えれば少し丸くなるね。

覚悟あるの?

今日ラジオで、「私は昔いじめられてたけどそのときは逃げることしかできなかった、今は、そういうことはないけど、いじめられてる人がいたら手を差し伸べて助けられるような人になりたい。」っていうお便りが読まれてた。

私はそれを聞いたとき、「えっ?まだ助ける人になってないの?」と思ってしまった。「なりたい」と言ってる時点で、なれてない。心の奥では助けない(助けられない)可能性をはらんでいると感じる。

辛い経験から学んで、今はいじめの現場に立ち会ったら助けられるくらい精神的に強くなったのなら、「手を差し伸べて助けられる人になった」って書くのでは?

「こういう状況が来たら助けたいです」って言ってるくらいの覚悟なら、いじめられっ子の人助けなんてできないよ。あんたが小さかった頃誰も助けてくれなかったんでしょ?それくらい難しいことなんだよ。

「いじめがあったら私は手を差し伸べます。助けます。他の誰も動かなくても、私は動きます。」って言ってかないと、いざというとき身体が動かないよ。「思ってます」程度の覚悟じゃ対応が遅くなる。

私はそう思う。

私は動く。私は、人を陥れるような人・自尊心を傷つける人・人を嘲笑う人に対する嫌悪感が半端なくある。だから、私はその人のために何ができるか必死になる。

辛い思いをしてる人を助けることに関して、私と同じかそれ以上の覚悟を持って生活する人が増えてほしい。