てもとたって

「でも」や「だって」と言いたくなったら「ても」と「たって」に言い換えれば少し丸くなるね。

西洋医学にさようなら

私は、子供の頃から健康で医者にはほとんどかかったことがない。

骨折や捻挫などの怪我もした覚えがないし、喘息や入院するような病気にもかかったことがない。

インフルエンザの予防接種はした覚えがあるが、子供の頃インフルエンザにかかった覚えはない。

(大人になってから、インフルエンザの予防接種をしていても妊婦のときにはインフルエンザになったなぁ。)

子供の頃、熱は出したが母親が病院嫌いで『寝てれば治る』と言われたし、私も薬の味が嫌いだったため、ひたすら寝て治した。

だから、私は子供の頃、看護師がどんな仕事で何をしているのか知らなかった。

親に言われるまま看護師の資格を取り看護師として働いていたが、常に多くの人が病院に来ていることが不思議でならなかった。

 

職場で一緒に働く人は、子供が咳が出てたから抗生剤をもらいに行ったとか台風が来てるから喘息が悪化したとか謎の蕁麻疹が出たからステロイドもらってきたとか、すぐにこどもを病院に通わす。私にはそれが不思議でならない。

人間には自己免疫があるのだから、それがうまく機能するように栄養とったりよく休んだり生活習慣変えたり考え方変えれば、体調はよくなると思っているのだ。

つまるところ、私に看護師は向いていない。病院に来る人にそういうことを言っても、端から相手にしないのだ。

病院に来る人は、病院が好きなのだ。薬が好きだし薬で治ると思っているのだ。

私とは考えが根本から違う。

もう、自分で嫌悪している『病院』『薬』を勧めなければいけない仕事は辞めよう。

今その道が少し開かれていることが、とてつもなく嬉しい。

仕事に呼ばれる

斎藤一人さんのお話を聴いていたとき、

『仕事に呼ばれるの』と言っていました。

大学を卒業したときは、今の仕事に呼ばれていたのでしょう。

そして今は、新しい仕事に呼ばれています。そう感じます。

ただ単に、やりたい仕事があるから、そんな気になっているだけかもしれませんが、一人さんのその言葉を聞いたとき、今の状況(今の仕事は超安定、まあまあ高給、職場の方々はみんな素敵な方、やりたい仕事は自営業、不安定、最初は低収入でしょう、両親に大反対されている)でも、心の向く方に進めばいいのだと分かりました。

きっと、両親とはなるようにしかならないでしょう。(⬅何を言っているんだ)

それでもなお、今の状況をあまり長引かせない方がいい気がします。

一人さん、ありがとうございます☀

『仕事に呼ばれる』

とても素敵な言葉だと思います✨

神様の伝えたいこと

『かみさまは小学5年生』という本を読みました。

 

神様の伝えたいことって、なんでしょう❔

この本を読んで、神様ってやっぱり優しい💓と思いました。

肉体世界でしか苦しみや悲しみは体験できないと書いてありましたが、それならば、悲しいことや苦しいことがあったとき、『この経験をして良かったと、いつか思う日が来るのだ』と思うと、前を向くのが少し早くなる気がします。

たとえ、生きてる間にそう思える日が来なくても、死んだあとに少し上の階級の神様になれるのでしょう✨

赤ちゃんはママを幸せにするために生まれてくるというのも、とても心が暖かくなります😌

例え流産や死産であっても、ママにその経験をしてもらうことは意味のあることで、赤ちゃんの方は『一瞬でも地球を体験できて良かったー』と笑顔で帰っていくんだとか👀

この本を読んで、短い時間であっても生まれて生きて死ぬことを魂は喜んでいるのだと知ったとき、『(そういう子達より)長生きできている私は何をなして死ぬまで生きようか』と、一生をとらえた視点でものを考えられました。

私なりの答えとしては、『出会った人々と、ともに美と健康を目指す』ということを人生の柱にしていきたいと思っています。

とりあえず今は、自分の美と健康を、よりいっそう磨いています❗

 

話は逸れましたが、とても心が暖かくなれる本です。

人生の意味に悩んだり、漠然とした不安がある方なんかが読むとスッキリする部分もあると思います💫

 

小学5年生のすみれちゃんもとても魅力的なかわいい子です💓

とてもお勧めの本です🎉

親戚の死

先日、親戚が亡くなったので、お葬式に参列して参りました。

大往生だったと思うし、最期まで元気に過ごしていたようなので、本人も回りも長く苦しまずに逝けたのだと思います。

生前から頻繁に会っている方ではなかったからか分かりませんが、あまり寂しい気持ちはありませんでした。

いつも私のことを見守っていてくれている感覚があり、式の間も雰囲気があたたかかったです。

肉体同士では会えなくなりましたが、これからも魂は共にあり続けられるというか、見ててくれているのだと思います。

肉体は死んでも魂の世界で生まれるだけで魂の世界の方が高次元なので肉体世界にいる私たちをいつでも見にこれる、という考えが好きです。

またいつでも会いに来てください、気付けるか分からないけど、いつでも近くにいるのかなと思っています。

くよくよ考えない❗

仕事について家族と意見が合わずモヤモヤしていました。

その事について、宇宙のエネルギーに詳しい方に話を聞いたら、「親からの反対の意見は、安定を求める自分の真相心理が出てきたのかもしれないよ」と言われました。

邪魔が入るのならタイミングが今じゃなかっただけだとも言われました。やると決めてることは、やれるタイミングが来たらそういう流れになります、と。

私もそう思います。

無理して始めたことは、継続するにも無理が必要になります。

それは大変です。

親のことは、時間が解決してくれることもあるでしょうし、周りが解決してくれることもあるでしょう。あせらずまったり待ってみます🎵行動できることはしながら💡

とりあえず、YouTubeで、エステのテクニックを学びます。旦那で練習です💃

子供の仕事に口出す親

先日blogで、転職するつもりだと書きました✏

夫とも相談して決めたことです。夫の親にも伝え、大変だろうけど頑張れと言ってもらえてました。

先日の三連休で私の方の実家に帰った際、転職することを伝えたところ、大激怒⚡

転職を止めないと縁を切る❗とまで言われました💧

全く予想してなかった展開にビックリでした👀親の勢いについていけませんでした😫

「辞めるのを止めます」と言って、帰ってきましたが、信用されておらず、「上司には退職撤回したのか?!」とあとから連絡が連日入りました😨

いい年した大人が、親に言われたからといって、「はい、ママとパパのいう通りにします🎵」といって撤回を即決することって、ありますか?おかしくないですか?気持ち悪くないですか?

そんなことがあるのならそれは、親離れも子離れもできてない関係だと思いませんか?

私は、この出来事からなにを学べば良いのでしょう?

・親を説得し転職する

・親との良好な関係を諦める覚悟をする(縁を切られてもよいという覚悟)

・親の話に耳を傾け今の仕事を続ける(転職しないことにする)

エステ事業を展開している他の企業に目を向ける

・今の仕事を続けながら空いた時間にエステをし始める

 

今、とてもモヤモヤしている状態です。

でも、周りに悟られぬよう明るく振る舞うことはとても大切なことです。グチグチもしません。

この決着はいつつくのだろうか!?

乞う御期待!!

訃報

お世話になった方の訃報が届きました。

共通の知人とその方の話をしていると、涙が溢れてきます。

私は、肉体は無くなっても魂は無くならず、こっちの世界で死んだら向こうの世界に帰るだけ。という考えが好きで、そういう風に信じていますが、もうこっちの世界で会えないと思うとやはり悲しいですね。

その方は、短すぎる一生を満喫して亡くなっていったのでしょうか。私や私の周りの人たちは、肉体としての生が永遠に続いていくと錯覚してないでしょうか。

私は、身近な人が亡くなることは、残された人に死を考えさせ、生を謳歌させるためにとても重要なことなのだと思いました。

私は、この世に生を受けた意味を探りながら、今日から死ぬまで生きていきます。